救急告示病院 
日本脳卒中学会
『一次脳卒中センター(PSC)』施設認定

令和2年度 熱海所記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 17人 14人 52人 110人 180人 475人 548人 191人
 地域の高齢化の影響もあり、60歳以上の患者様の割合が8割以上を占めます。症状が重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向があります。若年層は、虫垂炎や胆嚢疾患などの消化器疾患や骨折など整形外科的な手術が必要となる患者様が多くなっています。なお、患者数が10人未満の症例は患者様が特定され得る可能性があるため、情報は記載致しません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 34人 22.35日 17.23日 29.41% 87.74歳
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 28人 21.96日 13.00日 7.14% 81.96歳
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 26人 29.12日 20.51日 26.92% 85.69歳
01021xxxxx0xxx 認知症 手術・処置等1 なし 16.38日
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 15.71日
 内科の症例で最も多いのは、心不全です。心臓は、血液を送るポンプとしての役割と血液を受け取る役割を担っています。心不全は、この心臓の動きが十分では無い状態のことをいいます。心不全の患者様の平均年齢は85歳を超え、高齢者の患者様が多くなっていることが分かります。2番目に多いのは、腎臓または尿路の感染症です。尿路感染症とは、腎臓から体外へ排出されるまでの尿路で起こる感染症で、感染が起こる場所によって、腎盂腎炎、膀胱炎など病名や症状などが異なります。3番目に多いのは、誤嚥性肺炎です。誤嚥とは食べ物や飲みものを飲み込む動作が正しく働かないことにより、誤って気管や気管支内に入ることをいい、誤嚥によって発症した肺炎を誤嚥性肺炎といいます。なお、患者数が10人未満の症例は患者様が特定され得る可能性があるため、情報は記載致しません。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 19人 9.26日 7.74日 0.00% 66.47歳
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19人 14.95日 9.53日 5.26% 76.89歳
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 15人 20.73日 13.41日 0.00% 73.67歳
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14人 13.14日 9.08日 0.00% 72.14歳
130090xx97x0xx 貧血(その他) 手術あり 手術・処置等2 なし 12人 18.83日 10.51日 16.67% 80.42歳
 外科の症例で最も多いのは、腸に出来る憩室症や憩室炎、憩室出血です。腸の憩室は、腸壁の中間にあって厚みのある筋層が弱くなった箇所に起こります。腸壁の内側の薄い層がその弱くなった部分から突き出て、小さな袋を形成します。憩室では通常、何の問題も生じませんが、ときに炎症や出血などが起こります。2番目に多いのは、総胆管結石や総胆管結石に伴う胆管炎です。胆のうや胆管内にできた結晶が、胆のうにあるときは胆のう結石症(胆石症)、胆管にあるときは総胆管結石症、肝臓内の胆管にあるときは肝内結石症といいます。また胆管炎は大半が総胆管結石により胆管閉塞の状態となり、胆汁に細菌感染が生じたり、胆のう内に膵液が逆流したりすることにより起こります。3番目に多いのは、腸閉塞(イレウス)です。腸閉塞(イレウス)は、食べ物や消化液の流れが小腸や大腸で滞った状態、内容物が腸に詰まった状態をいいます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 65人 68.32日 25.09日 6.15% 83.57歳
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 39人 47.49日 18.81日 15.38% 85.74歳
070343xx99x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 なし 32人 18.19日 13.34日 6.25% 77.25歳
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 19人 16.95日 5.18日 0.00% 75.16歳
070050xx99xxxx 肩関節炎、肩の障害(その他) 手術なし 15人 9.00日 16.45日 0.00% 68.07歳
 整形外科では、高齢者の外傷や変性疾患が中心となっており、大腿骨の骨折や脊椎の圧迫骨折の治療の患者様が多くなっています。地域の医療機関や施設からの紹介患者様も多く受け入れています。高齢の患者様が転倒などで大腿骨を骨折し手術をされた場合、在院日数が比較的長くなることが多いです。また、当院での治療後転院して継続治療やリハビリをされている方もいます。一方若年層の患者様がスポーツや事故などで骨折された場合は、手術を行い比較的短期間の入院で自宅に帰られる傾向が見られます。急性期治療の終了後は回復期リハビリテーション病棟に移り、家庭・社会復帰に向けてリハビリを行い、自宅もしくは施設に帰られるか、継続リハビリのために他の医療機関に転院されています。そのため、全国の平均在院日数より入院期間が長くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx9906xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり 181人 2.92日 4.04日 18.23% 67.61歳
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28人 47.64日 18.86日 17.86% 73.00歳
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24人 12.50日 12.04日 8.33% 80.08歳
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15人 5.53日 7.48日 0.00% 62.67歳
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 13人 23.31日 15.64日 0.00% 73.00歳
 最も多い症例は、転移性脳腫瘍などに対するガンマナイフ治療です。ガンマナイフ治療とは、ガンマ線ビームを虫めがねの焦点のように病巣部に集中的に照射する治療法です。当院では、静岡県内を初め、神奈川県や東京都内などの医療機関と連携し、ガンマナイフ治療にあたっています。2番目に多いのは、脳出血です。脳の動脈が破れて脳の中に出血した状態を言います。脳の血管から流れ出た血液が、脳内の神経細胞を圧迫することで障害が起き、頭痛や手足のまひ、言語障害、意識障害などの症状を引き起こします。脳内のどこにどれくらいの量の血液が流れ出たかによって、症状はそれぞれ異なり、出血を起こした場所によって、被殻(ひかく)出血、視床出血、皮質下出血、橋(きょう)出血、小脳出血など、該当する部位の名前で分類されます。脳出血を起こす原因としては高血圧が最も多く、他には、脳腫瘍や脳血管の異常、肝臓疾患などが原因となることもあります。また脳神経外科では、脳卒中急性期治療として、開頭手術・血管内手術双方が常時対応可能です。詰まってしまった血栓をt‐PAという薬で溶かしたり、梗塞の中心部や周辺部に生じるフリーラジカルという有害物質を除去する薬を使用するなど内科的な薬物療法が主体になりますが、状況に応じてステント型リトリーバーを中心とした再開通療法や慢性期のバイパス術などの血行再建術も行われています。他にも水頭症に対するシャント手術、脳出血・脳動脈瘤に対する開頭手術など多くの疾患に対して治療を行っています。急性期治療の終了後は回復期リハビリテーション病棟に移り、家庭・社会復帰に向けてリハビリを行い、自宅もしくは施設に帰られるか、継続リハビリのために他の医療機関に転院されています。そのため、全国の平均在院日数より入院期間が長くなっています。当院は2019年9月に一般社団法人日本脳卒中学会より要件を満たしている施設として『一次脳卒中センター(PSC)』の認定を受けました。(詳細はホームページをご覧ください。)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 6,8
大腸癌 1 8
乳癌 1 8
肺癌 1 6,8
肝癌 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院では主に外科で診療を行っています。できるだけ患者様への負担を少なくするため、早期のうちに内視鏡的治療や腹腔鏡下治療といった治療を行っています。また、Ⅲ期やⅣ期の患者様に対しても、手術や化学療法など患者様の状態に合わせた幅広い治療を実施しています。なお、患者数が10人未満の症例は患者様が特定され得る可能性があるため、情報は記載致しません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 21人 27.10日 84.52歳
重症
超重症
不明
 患者数が最も多いのは中等症ですが、他の重症度も少なからず存在します。また軽症の患者様の平均年齢が50歳代であるのに比べて、中等症~超重症では平均年齢が80歳以上の年齢層になっており、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化していることが分かります。成人市中肺炎診療ガイドラインでは軽症の患者様は外来治療となっており、入院加療の適応ではないことがあります。しかし、軽症の患者様であっても既往症(歴)によっては重症化を危惧され入院となるケースもあります。なお、患者数が10人未満の症例は患者様が特定され得る可能性があるため、情報は記載致しません。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 127人 52.28日 78.90歳 9.45%
 当院では、ほとんどが脳神経外科に入院された患者様です。特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞の患者様が多く、全体の9割以上を占めています。急性期脳梗塞の患者様の平均年齢は約79歳であり、いわゆる後期高齢者の方が多くなっています。平均50日程の入院期間で、急性期治療の終了後は回復期リハビリテーション病棟に移り、家庭・社会復帰に向けてリハビリを行い、自宅もしくは施設に帰られるか、継続リハビリのために他の医療機関に転院されています。なお、両方または片方が10件未満の為、分けずに合計した数値を記載しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) 11人 1.00日 21.64日 9.09% 81.27歳
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 10人 1.00日 6.80日 0.00% 74.10歳
K686 内視鏡的胆道拡張術
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)
 外科で最も多い手術は、内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの)です。内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの)は、総胆管結石などに内視鏡を用いて乳頭括約筋の切開や結石を取り除く手術です。2番目に多い手術は、乳がんに対する乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの)です。乳がんの治療法には、主に手術、放射線治療、薬物療法があり、手術によってがんを取りきることが基本となります。手術後の病理検査によって、術後の治療計画を検討します。がんの状態によっては、術前薬物療法(手術の前に行う薬物療法)を行うこともあります。近年では、内視鏡や腹腔鏡を用いた、出来るだけ患者様の負担が小さくなる方法で治療が行われます。なお、患者数が10人未満の症例は患者様が特定され得る可能性があるため、情報は記載致しません。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 46人 4.30日 61.33日 6.52% 84.04歳
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 36人 6.81日 67.28日 2.78% 82.00歳
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 27人 2.44日 18.67日 3.70% 72.56歳
K142-4 経皮的椎体形成術 11人 13.82日 47.45日 0.00% 76.27歳
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足) その他
 整形外科では、地域の高齢化の影響もあり高齢者の外傷や変性疾患に対する手術が中心となっています。特に大腿骨転子部骨折及び大腿骨頚部骨折に対する手術が多く、骨折観血的手術と人工骨頭挿入術で整形外科手術全体の約65%を占めています。骨折観血的手術とは皮膚を骨折部位まで切開し、直視下に骨を正常な位置に戻した後、固定材料を用いて固定する手術です。人工骨頭挿入術とは、骨折した大腿骨頚部から骨頭までを切除し、そこを人工物(金属,セラミックス,ポリエチレンなどでできている)で置き換える手術です。患者様の状態に応じて術式を決定します。その他にも前腕や下腿の骨折に対する手術や変形性関節症に対する人工関節置換術も行っています。急性期治療の終了後は回復期リハビリテーション病棟に移り、家庭・社会復帰に向けてリハビリを行い、自宅もしくは施設に帰られるか、継続リハビリのために他の医療機関に転院されています。なお、患者数が10人未満の症例は患者様が特定され得る可能性があるため、情報は記載致しません。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 31人 2.61日 11.84日 9.68% 80.23歳
K1781 脳血管内手術(1箇所) 14人 1.07日 68.29日 0.00% 63.86歳
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 11人 2.00日 31.27日 0.00% 75.91歳
K178-4 経皮的脳血栓回収術 10人 6.50日 91.40日 10.00% 78.20歳
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの)
 脳神経外科で最も多い手術は、慢性硬膜下血腫に対する慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。軽微な頭部打撲をきっかけにして、脳の表面(脳表)に微量の出血あるいは脳脊髄液が貯まって、硬膜と脳との隙間にじわじわと血が貯まっていき血腫が大きくなる病気です。基本的な治療法としては外科的治療で、頭蓋骨に小さな穴を開け、そこから細い管を入れた上で血腫を洗い流します。再発が見られることもあるため、症状等を勘案しながら再手術の実施や、ある程度の期間血腫の大きさの経過観察を行います。2番目に多い手術は、脳血管内手術です。脳血管内手術は、未破裂脳動脈瘤や破裂脳動脈瘤に対する手術です。未破裂脳動脈瘤とは、脳動脈にできたコブが破裂しないままの状態であることをいいます。この脳動脈瘤が破裂すると、破裂脳動脈瘤と言い、脳を包んでいる「くも膜」という膜の内側に出血を起こします。これがくも膜下出血です。くも膜下出血の再出血がおき、そのときに亡くなる患者様が多いため、病状をみながら、再出血する前に早い段階で瘤の中にコイルを詰め再出血しないようにします。未破裂脳動脈瘤にも、血管内にコイルやステントを留置し予防する手術があります。3番目に多い手術は経皮的頸動脈ステント留置術です。経皮的頸動脈ステント留置術は、 脳梗塞を起こす危険性が高くなる頸動脈狭窄症に対する手術となり、手術(頸動脈内膜切除術)、薬による治療などがありますが近年、カテーテル治療が行われるようになってきました。その他に頭蓋内血腫除去術、頭蓋内腫瘍摘出術などの手術も行っています。当院は2019年9月に一般社団法人日本脳卒中学会より要件を満たしている施設として『一次脳卒中センター(PSC)』の認定を受けました。(詳細はホームページをご覧ください。)なお、患者数が10人未満の症例は患者様が特定され得る可能性があるため、情報は記載致しません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 12人 0.77%
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
 DPC病名と入院契機病名が異なる場合の入院契機病名として挙げられるのは、消化器系疾患,肝臓・胆道・膵臓疾患が9件、呼吸器系疾患が4件、循環器系疾患2件、腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患が2件、外傷・熱傷・中毒が2件、内分泌・栄養・代謝に関する疾患が1件、血液・造血器・免疫臓器の疾患が1件、その他が2件でした。感染症等で入院後も全身状態が悪化して播種性血管内凝固症候群や敗血症といった重症な病態になってしまった症例です。これらは重篤な主疾患の合併症として発症しているケースが多いため、臨床上ゼロにはなりえないものですが、少しでも改善できるよう努めています。なお、患者数が10人未満の症例は患者様が特定され得る可能性があるため、情報は記載致しません。
更新履歴
2021/09/28
令和2年度 病院指標を公開しました。
 病院にお越しの際は不織布マスクをご着用下さい