「乳がんは、まだ私には関係ない」 と、思っていませんか??

乳がんは壮年層女性のがん死亡原因のトップ

今、日本女性の12人に1人が乳がんにかかるといわれています。亡くなる方は年々増加し、今では1年間に約1万3千人。ここ30年の乳がんの急激な増加は、食生活やライフスタイルの変化がエストロゲン(女性ホルモン)の分泌に影響しているためとみられています。

乳がんは女性の壮年層(30~64歳)のがん死亡原因のトップになっているにもかかわらず、無関心な人が多いのも現状です。

 

最もかかりやすいのは40代

「乳がんはまだ私には関係ない」と思っていませんか?
乳がんにかかる人は30代から40代にかけて急増します。ピークは40代後半~50代。「閉経後は大丈夫」「50歳過ぎたら乳がんにならない」ということもありません。また、若いからといって油断はできません。
乳がんは何歳でもかかる可能性があります。家族や親戚に乳がんがいない、出産・授乳経験があるから大丈夫。と、いうこともいえません。
つまり、乳がんにならない、と言える人は一人もいないのです。

早期なら約90%が治癒します

残念ながら、現在乳がんの予防法はありません。しかし早期発見であれば、約90%の人が治癒します。
決して怖い病気ではありません。早期発見のために、検診を受けましょう!

マンモグラフィとは?

マンモグラフィは早期の乳がんを発見できる乳房専用のX線撮影のことです。

 

撮影にかかる時間は20分程度

乳房専用の撮影室での検査になります。一方の乳房につき1~2方向の撮影を行います。乳房を圧迫しながらの撮影になるため、痛みをともなう事もあります。(圧迫することにより、立体的な乳房より広くみせることができます) 

 

被ばく線量はごくわずか

マンモグラフィはX線検査なので、放射線被ばくがありますが、乳房だけの部分的なもので、1回の画像の撮影で受ける放射線の量は、東京からニューヨークへ飛行機で行くときに浴びる自然放射線(宇宙線)の約半分です。マンモグラフィ撮影による危険性はほとんどありません。一般的に「40歳を過ぎた方は2年に1度マンモグラフィを受けましょう」と言われていますが、毎年受けても被ばくなどの問題はありません。それより、撮影によって早期乳がんが発見できることのメリットの方がはるかに大きいのです。

 

放射線科が舞台のドラマでも話題になった『デンスブレスト(高濃度乳腺)』

マンモグラフィでは乳ガンが見つかりにくいタイプの人がいます通常のマンモグラフィの画像では乳腺部分が白く映ります。
乳腺濃度はマンモグラフィで知ることができますが、個人差があります。
乳腺濃度によって次の4つのタイプに分類されます。

①は全体的に黒っぽく映るのに対し、④はほとんど真っ白に映っています。
③、④のように画像上全体が白く映るタイプの人を【デンスブレスト(高濃度乳腺)】といいます。
【デンスブレスト(高濃度乳腺)】とは、乳腺の量が多く乳房内の脂肪が少ない胸のことです。
通常のマンモグラフィでは白く映る乳腺ですが、がんを含めたしこりも白く映るため、デンスブレストのように乳腺濃度が多く密集していると、発見しにくくなる傾向にあります。

※熱海市市民健診の場合は③④の場合は記載がございます。

乳腺もガンを含めたしこりも白く映るため、ガンを見つけにくい……。
一般に「乳腺濃度」は若年者ほど高く、20~30代の方の乳ガン検診では、マンモグラフィよりも超音波検査のほうが適しています。
日本人は高齢でも「乳腺濃度」が高いままの人が少なくないので、一概に“40歳を過ぎればマンモグラフィがよい”と言い切ることはできません。
現在、日本人の40%がデンスブレストと言われています。

しかし、マンモグラフィは乳房内の「石灰化」の発見に適した検査です。マンモグラフィ検査で「石灰化」を見つけることは、乳ガンの早期発見にもつながります
だからこそ乳ガン検診に際しては、自分の「乳腺濃度」を知ることともに、定期的な受診が大切です。

微細石灰化像(白く粒々したものが石灰化部分)

当院では女性診療放射技師による検査が受けられます。検査は全て完全予約制となっております。
熱海市市民検診の対象外の方も、この機会にぜひ、ご予約ください。