ガンマナイフの利点

正確性

ガンマナイフの利点放射線照射の精度誤差は0.3mm以内と極めて小さく、周囲の正常組織への影響はほとんどありません。このため、周囲の脳神経を傷つける危険性も極めて低く治療を受けていただくことができます。

安全性

低侵襲、合併症からの回避 開頭術に伴う全身麻酔の危険性や全脳照射による脱毛・骨髄抑制などはありません。

入院期間の短縮

開頭手術と比べて手術前後の安静療養期間が短縮できることから、通常2泊3日の入院期間ですみます。生活の質(Quality of Life: QOL)の向上に大きく貢献しております。また、このことは医療費の負担減少にもつながり、経済的にも安心です。(1996年4月より健康保険が適応されております。)

深部病巣にも対応

従来、開頭手術でも治療が難しかった部分や不可能とされた疾患に対しても治療が可能となりました。

症例数

欧米では約30年、日本国内でも約20年の治療経験があり、治療を受けられた方(症例数)は延べ約9万例以上、全世界では80万例以上の治療が行われました。長期にわたる治療経験と実績により、ここ数年の症例数はさらに増加傾向にあります。

フレームを付けて治療する理由

治療の精度を保つために必要となります。目標の位置と放射線の焦点がずれないようにするためです。

全身麻酔が要らない

外科手術に伴う危険性は無い。全身麻酔や開頭手術に伴う合併症は生じない。

TEL:0120-1056-17お問い合わせ

お問い合わせはこちら TEL:0120-1056-17お問い合わせはこちら TEL:0120-1056-17

熱海所記念病院ガンマナイフブログリンク