救急告示病院 
日本脳卒中学会
『一次脳卒中センター(PSC)』施設認定

手術室看護師の声

senpai01
プロフィール
看護部手術室勤務
卒後2年目 入職2年目

Q1.熱海所記念病院の魅力は?

豊かな自然、温泉、歴史で有名な熱海市にある熱海所記念病院。
毎年、花火大会に合わせて行われる納涼祭や、夏の富士登山、ドレスアップしての忘年会など、院内イベントも盛んなので多職種で繋がりを持つ機会が多くあります。

そこで得た繋がりを院内での業務に活かすことで患者様のケアを様々な角度から行うことが出来ています。スタッフ同士が協力して患者様との関わりを大事にしている職場なので働きがいがあり、笑顔があふれる明るい病院です。

Q2.業務内容は?

先輩の声DSC09142手術室看護師が行う業務は器械出し(直接介助)と外回り(間接介助)の2つに大きく分けられます。
1年目は外科、整形外科、脳神経外科の器械出しを中心に行っていました。2年目からは、外回り業務が始まりました。また、カテーテル検査やカテーテル治療の介助にもメインで入ることが増えてきました。患者様の不安の軽減や、治療への協力を得る為のオリエンテーション、患者誤認防止や情報収集の為に病棟看護師や医師との連携を図る等の目的で術前訪問も行っています。  

Q3.仕事のやりがいは?

先輩の声DSC091191年間で出来ることも増え、入院して治療を行う患者様のメインイベントに立会い、その治療に参加できることにやりがいを感じています。
2年目からは、外回り業務をメインで行うことが増えてきました。外回り業務では、手術進行を見ながら、優先度を考慮し、必要な器械や物品を補充すると同時に、術中の看護記録を行い、病棟の看護師に申し送りをします。
無事に手術が終わり麻酔からさめた患者様が、ほっと安心した顔で「ありがとうございました」と退室していく姿を見るととても達成感を感じます。  

Q4.オフの過ごし方は?

熱海は便利なアクセス環境にあり、最寄駅である熱海駅には新幹線が停車します。
東京まで最短50分で遊びに行くことができるので、オフの日は同期と出掛けリフレッシュしています。私はドライブが好きなので天気の良い日は美味しい物を食べに出掛けたり、温泉に入ったりして、一週間の疲れを癒しています。手術は体力勝負でもあるため、体調を崩さないようオフの日でも規則正しくすごすようにしています。
 病院にお越しの際は不織布マスクをご着用下さい