リハビリテーションの各療法の役割

理学療法(士)は運動療法による筋力強化、関節可動域の改善、協調性改善等の身体機能に対するアプローチや、温熱・光線・電気などの物理療法による疼痛の軽減・循環の改善を図ることにより、基本動作や日常生活活動を行いやすくなるように援助させていただきます。
作業療法(士)は作業活動を用いて、諸機能の回復・維持、精神機能の活性化を図ります。又、書字・食事・更衣などの身の回り動作や家事動作訓練を行い、家庭や社会に戻っても困ることがないように実践的な方法を身につける援助を行ないます。
言語聴覚療法(士)は病気や事故などで、言葉によるコミュニケーションが困難になった方に言語機能の回復を促す治療を行ないます。また、食べ物などの飲み込みが困難な方には摂食・嚥下療法で回復の援助を行います。