他部門連携・委員会活動

【カンファレンス】

主治医、リハビリスタッフ、看護師、医療相談員、管理栄養士が集まり、1人の患者様のご希望や、今後の目標、どのような治療計画を立てていくかを話し合います。結果は「リハビリテーション総合実施計画書」として患者様やご家族様に説明させて頂きます。

1ヶ月に1回カンファレンスを行う他、退院後の生活やご希望に合わせて目標を見直し、より良い退院の形を模索していきます。

   

NST委員会】

NSTとは・・・Nutrition Support Team(栄養サポートチーム)の略であり、

入院患者様に適切な栄養療法を提供するために多職種で構成された医療チームのことです。

当院では、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・臨床検査技師が参加しています。

栄養面の問題点を確認し、患者様の状態や食事摂取変化に応じた、栄養面の介入を決定。リハビリの負荷量調整等にも繋げることができます。

 

【褥瘡委員会】

当院では、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・社会福祉士・事務の他職種が参加しています。

月に1回の委員会活動と予防班の活動に加えて、週に1回、治療班が各病棟を回り、入院患者様の褥瘡に対しての予防から治療までの介入を行っています。