救急告示病院 
日本脳卒中学会
『一次脳卒中センター(PSC)』施設認定

人工関節外来

痛みを生じさせる一般的な疾患として、変形性膝関節症や変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死などがあげられます。

股関節や膝関節は、体重を支えて立つ・歩くなどの移動を行う上で大切な関節です。
これらの関節に問題が生じると、動きが悪くなり歩行時などに痛みが出たり、日常生活が不便になります。
また、思うように運動ができなくなり、運動不足により生活習慣病を引き起こし身体の老化を早めます。

長い間、関節の痛みで困っていませんか?

人工関節の手術をしたけれども痛みが残って困っていませんか?


治療をしても痛みや腫れが取れないなど、一度ご相談ください。

関節疾患の場合、痛みの度合いや症状の進行スピード、症状の重さなど、病状には個人差があるため、患者さま一人一人に合わせて綿密な治療計画を立てることが大切です。
人工関節外来では、まず治療法を一緒に考え、選択できるよう丁寧な診療を心がけております。
そこで人工関節手術となった場合、手術前の精査を行い(場合によっては検査入院)、入院中、そして退院までリハビリも含めてしっかり診療・指導し、患者さまが安心して治療・手術を受けられるよう取り組んでおります。

人工関節はその名の通り、金属などで人工的に作られた関節です。

人工関節は、コバルトクロム合金やチタン合金などの金属やセラミック、超高分子ポリエチレンなどから作られています。
下肢の人工関節の耐久性は約15~20年といわれていますが、必要に応じて、再度入れかえることができます。

人工関節にはさまざまな種類がありますが、患者さんの骨の状態や生活習慣などにあわせて種類や大きさなどを選びます。

関節の痛んでいる部分を取りのぞき、人工の関節に置きかえる事により、関節の痛みの原因となるものをすべて取り除くので、他の治療法と比べると「痛みを取る」効果が大きいのが特徴です。

人工関節置換術には主に次のような効果があり日常生活動作が改善されます。

  • 痛みを取りのぞく
  • 変性や痛みのために制限されていた関節の動きをとり戻す
  • 他の関節への負担を軽くする
  • 活動範囲が広がり、下肢の筋力がついてくる
    

人工関節外来

第1・3・5週金曜日午後
担当医:西川医師



整形外科 外来担当医表
AM小山遠藤金井東儀金井
西川
金井
PM小山
16:00終了
金澤
1・3・5週

14:30~
東儀


1・2.・3・5週
金澤

西川
2・4週

■専門外来 外来担当医表
AM
PM脊椎疼痛外来
2・4週
骨粗鬆症外来
1・3・5週
運動器
リウマチ
疼痛外来

2・4週
骨粗鬆症外来
4週
人工関節外来
1・3・5週
 病院にお越しの際はマスクをご着用下さい